another day begins

手軽なアドベンチャーとして自転車を楽しんでいる人達のためのブログ

黒河内林道グラベルライド

      2018/11/07

今回は長野県伊那市長谷にある黒河内林道ライドです。

グラベルロード否定派に多く見られる意見「国内には走れるグラベルが存在しない」という意見が多く見られます。

でも走れるところは実は結構あるんですよ。

というわけで今回は長野県伊那市長谷にある黒河内林道という12km程度のグラベルが続く場所を紹介します。

ここは四駆乗りやオフロードバイカー達には割と定番スポットで雑誌にも紹介されています。

しかし自転車乗りが走ったという情報は極端に少ないのでこちらのブログで紹介したいと思います。

最初は舗装路の上りから

仙流荘という宿の近くに無料の駐車場がありますのでそこからスタートです。

道はきれいな舗装路で緩やかな上りとなっております。

単調な登りですが美しい景色が続き飽きることなく楽しめます。

途中南アルプス林道の入り口(ここは許可されたバスのみ走行可能で車や自転車は一切立入禁止)を通り過ぎゆっくりと登っていきます。

途中、がけ崩れ箇所や落石も多いので本当に注意が必要です。

そんなわけで結構登っていくとようやく魅惑のグラベルゾーンに突入です。

グラベルは最高のコンディション

この巨石を境に未舗装路に入っていきます。

ここのグラベルは本当に最高で轍もくぼみも少なく本当に走りやすいです。

結構車やバイクなんかが走行しているのでそれで踏み固められたのでしょう本当に極上のグラベルですね。

終始緩やかな上り坂もしくはフラットな路面が続きます。

景色も極上でたまーに車やバイクが通りますが休日にもかかわらず人通りも少なく貸し切り状態で楽しめます。

道から見える川がこれまた美しい

木がせり出していてトンネル状になっているので日差しも少なく非常に快適です。

まあ終始上りですが

そんなわけで休憩しながらゆっくりと登っていくと徐々に森の雰囲気が変わっていきます。

次第にハイカーさんも多く見られるようになったので徐行運転よりもさらにゆっくりもしくは押しながら登っていくとゴールの入笠牧場に到着いたしました。

ここから先もいけますが予想外に疲れたので今回は引き返すことにしました。

ちなみにこの先にはMTBコースとしても有名な富士見パノラマリゾートがあります。

下りは一瞬

帰りは当然下りなのでガンガンと下っていきます。

言葉に出来ないくらい極上のダウンヒルでした。

しかしやはり油圧ブレーキとサスの必要性を痛感しました、つまりキャノンデールslateが欲しいです切実に

体力に余裕があればもう一個の林道も行こうかなと思いましたがさすがに疲労困憊なので次回に持ち越しとなりました。

未舗装路部分は12km程度ですが十分に楽しめると思いますし物足りないならもう一個林道がありますので今度はそちらを紹介したいと思います。

今回の反省点と今後の課題

今回は水が全く足りずフルボトル二本も全て飲み干してしまいました。

途中、飲用可能か不明な湧き水があったのでなんとかなりましたが山の水は細菌や寄生虫なんかの危険性があるので注意が必要です。

次回はハイドレーションもしくは浄水器を持参で行きたいと思います。

野生動物との遭遇(鹿)もありましたし熊鈴なんかも持参していったほうがいいと思います。

また、崩落箇所も多くいつ通行止めになっても不思議じゃない場所なので注意が必要ですね。

ちなみに二年くらい通行止めになっていたことがあります。

にしてもここは四駆乗りやバイク乗りだけの遊び場にしておくには非常にもったいない場所ですね。

本当に素晴らしい林道だと思います。

というわけでこの林道はおすすめいたします。

 

 - 自転車ライドレポ, 自転車ライドレポ(オフロード)