another day begins

毎日自転車に乗る人達のためのブログです。ファットバイクとバイクパッキングが好きです

画像なしで2019年モデルの自転車をさらっと語る

      2018/11/07

画像なしで2019年モデルの自転車についてさらっと語りたいと思います。

最近著作権とか色々うるさい部分もありますので画像なんかは各社のHPやTwitterなんかでチェックしてくださいってことでお願いします。

そんなわけで私が気になるジャンルのグラベルロードとファットバイクをメインにさらっと語ろうと思います。

まずはファットバイクから

surly salsaのファットバイクの元祖的なこの二社はマイナーチェンジにとどまっていますね。

ただ、サーリーのアイスクリームトラックは名前こそ変わらないにしても結構な設計変更をしているので気になりますね。

大きい変更箇所でいうとBBがプレスフィットBBからスレッドBBに変更になったこととリアハブ普通のスルーアクスルからサーリー独自のエンドになりました。

個人的には前のエンドの方が良かったので少し残念ですね。

サルサのベアグリースも結構なモデルチェンジです。

フレームから大幅な設計変更していますね。

ただし国内入荷は微妙な感じになりそうです。

スペシャライズドやキャノンデールもファットバイクは今年もラインナップされていますがカラーチェンジのみという感じでしょうか?

ただスペシャライズドは国内ではラインナップになかったカーボンファットバイクもラインナップに加わったのは嬉しいですね。

残念ながらアメリカブランド大手のトレックはファットバイクは生産中になった様子残念ですねー

グラベルロードについて

日本ではイマイチな評価ですがアメリカなんかではロードに変わるんじゃないか?というくらいの人気ジャンルとなったグラベルロード

結構ラインナップされていますがこれだ!って車種は少ないですね。

キャノンデールのCANNONDALE  TOPSTONEがドロッパーポストで油圧ディスクで23万っていうのがなかなかではないでしょうか?

ただ、slateやシナプス SEなんかもありますしわりと印象が薄いなーと思えますね。

キャニオン GRAILも2019モデルになりましたがSRAMコンポが加わってタイヤがサイドスキンになった程度ですね。

BREEZERも前後フラットマウントになってカラーチェンジした程度ですね。

これだ!っていう新車種はなくて各社マイナーチェンジにとどまった印象ですね。

その他2019年モデルについて

2019年こそディスクブレーキのロードバイクなんかがかなり増えていくのかな?と思いきやそうでもなくまだまだディスクブレーキのロードバイクは普及しなそうですね。

MTBもそこまで目新しい車種は少ないですね。

なんていうか自転車メーカーもユーザーもまだまだ様子見?という段階なのでしょうか?

2020年モデルからなのかな?という印象ですねー

私が欲しいなーと思うバイクも

キャノンデール スレート

オールシティ ゴリラモンスーン

キャニオン グレイル

サーリー ミッドナイトスペシャル

サーリー パグスレイ

とあまり変わらない感じですね。

というわけで今回はそんな感じです。

 

 - 商品紹介, 自転車商品紹介